クランクシャフト加工機

ターニング&ブローチングマシン GPR

ターニング&ブローチングマシン(GPR)

動作説明

加工箇所

加工箇所

全メインジャーナル、フロントシャフト・リアフランジ

特徴

  • 機能集約

    旋盤とターンブローチの機能を集約した、フレキシブルな加工機

  • 自動化・省人化

    左右合計80個のチップより

    • カッター交換インターバルが増大
    • 長時間自動運転が可能

    自動刃先計測・自動補正により品質チェック回数が激減

  • 工程集約

    左右両チャックによるつかみ替えで、複数の旋盤を1台に集約

  • 高い刃先信頼性

    高剛性な刃先支持によりチッピングに対して高い信頼性

リアフランジ加工
フロントシャフト加工
メインジャーナル加工

センターを三爪でクランプするので剛性が高い

システムインテグレート

クランクシャフト加工の前半ラインに生産生と信頼性の高い最新システムを提供します。

システムインテグレート

仕様

主仕様

項目 内容 単位 GPR250B2-2 GPR300B2
加工能力 最大ワーク長さ mm 600 700
最大振り mm 250 300
最少加工径 mm φ20 φ30
カッタ カッタ数 - 2 2
最大外径 mm φ625 φ700
使用可能インサートチップ - 40刃×2 45刃×2
主要寸法 A 全幅 mm 3800 4800
B 奥行 mm 2960 3000
C ワーク高さ mm 1150 1250
D 高さ(オートローダー範囲) mm 2030 2410
E 高さ mm 2175 3000
機械質量 kg 10000 20000

外形図

外形図 外形図

HOME > 製品情報 > クランクシャフト加工機 > ターニング&ブローチングマシン GPR