クランクシャフト加工機

ピングルーピングマシン GPL

ピングルーピングマシン GPL

動作説明

加工箇所

加工箇所

ピンジャーナル外周溝部の 旋削加工

特徴

  • コマツNTC独自の新工法

    ジャーナル中心でワークを高速回転させ刃物台をNC制御にて偏芯ピンに追従して旋削加工

  • フレキシビリティ

    1/2ストローク・溝径・長手補正が各ピン毎に設定可能(NC軸補正)位相補正が各ピン毎に可能
    (プログラム修正)

  • 生産性向上

    位相が異なるピンに対しても、2ヘッド同時加工可能

  • 高いワーク支持同性

    メインジャーナル部をレストにて支持

新工法/従来工法

新工法

ジャーナルを中心にワークを回転させ偏芯して回転するピンに工具を追従させて加工する
(異位相のピンの同時加工が可能)
ジャーナル中心で回転させる為ピンの位相に関係無くV6ワークの場合でも2頭で3工程で加工出来る

従来工法

加工するピンを中心にワークを回転させ工具を固定して加工する
(同位相のピンしか加工出来ない)
それぞれのピン中心で回転させる為V6ワークの場合位相変更を6回行い6工程での加工となる

システムインテグレート

クランクシャフト加工の前半ラインに生産生と信頼性の高い最新システムを提供します。

システムインテグレート

仕様

主仕様

項目 内容 単位 GPL200A
加工能力 ワーク全長 mm 750
ワーク最大振り mm φ190
主要寸法 全幅 mm 4000
奥行 mm 2700
ワーク高さ mm 1150
全高 mm 2000
機械質量 kg 12600

外形図

外形図

HOME > 製品情報 > クランクシャフト加工機 > ピングルーピングマシン GPL